福祉用具を使って安全に入浴できるリフォーム

こんにちは、ミカです。

「浴室を綺麗にしたい!」という理由でリフォームする人もいますが、多くの場合は、壊れたり介護が必要になったから改修する人の方が多いみたいです。うちの協力企業の方がそう言ってました。

 

だから、最近一部の若い女性の中には、ヒノキの浴槽にする人もいるようですが、そういうケースは少数派もいいところということです。

 

なので、今回は福祉用具を使って安全に入浴できることが求められる、

高齢者層に向けてお話ししていきます。

 

結論を言えば、バスボードと呼ばれる手すり、シャワーチェア、浴槽内いす、浴槽内てすり、つり具、昇降リフトなどがあります。

 

これらの購入は自腹でもいいですし、「特定福祉用具」と言われているものに該当するので、年間10万円まで支給されます。

 

住宅改修費が工事に充てられるのに対して、特定福祉用具は工事を要らない今回のようなものに対して、補助される仕組みです。

意外と知らない方も多いと思いますし、私も最近まで知らなかったんですよね。

 

ちなみに、介護保険の住宅改修は国がやっているので、どこの市町村も一律ですが、

各自治体が独自で行っている補助もあります。(やってないところもあります)

 

ですから、工事の前はよく調べておくことをお勧めします。ケアマネや福祉住宅環境コーディネーターに聞きながら、行政に書面を出してもらうのがいいと思いますよ。

 

少しでも不備があれば再提出を迫られるでしょうし、また役所に行くのも大変ですからね。