檜のお風呂のリフォーム費用はいくら?手入れは難しい?

こんばんは、ミカです。

浴室リフォームで檜の風呂を希望する人が少なくありません。ヒノキ=お年寄りというイメージがありますが、

意外や意外。30代の女性とかでもヒノキの浴槽を注文する人がいるようです。

 

でも、ヒノキって高いイメージがありますよね。平気で数百万円以上しそう・・・と、思ってしまう人もいると思うんです。

 

でも、調べてみると浴槽交換くらいでしたら、30万円くらいからできるみたいです。予想に反して安いかもしれません。

もっとも、浴槽単体で工事が終わる人もいないので、なんだかんだで200万円くらいはかかるようですけど。

 

あとは、日々のメンテナンスです。ヒノキでは木なので、腐る心配がありますね。

ただ、最近はコーティング技術が発展しているので、そこまで神経質になる必要がありません。

 

お手入れは、最後に入浴した人が、お湯を流して強い水圧でシャワーで流して、あとは乾燥させるだけです。

というか、これ以外にやる必要はないみたいです。

 

余裕があればスポンジでこすってもいいようですが、くれぐれも下手に洗剤は使わないように。洗剤を用いると気が傷ついて、コーティングに影響してそこから腐る可能性が出てきます。

 

そして、ちゃんとしてる業者なら大丈夫でしょうけど、木の選び方も大切です。「赤身の多い」ものを選ぶと、

耐久性に優れているので長らくヒノキ風呂を楽しむことができます。

 

だから、施工前と施工中には、赤身の多い木を使うように口酸っぱく言うことをお勧めします。

悪辣な業者ですと、適当な木材を使ってあからさまに手抜きしますので。

 

今回はヒノキ風呂についてお伝えしましたけど、システムバスの方が全体的には人気です。

あなたの最寄りの施工業者が、こちらのサイトで見つけることができると思います。