LIXILの浴槽の黒ずみはどうすれば落ちる?

こんにちは、ミカです。浴槽の汚れって、リフォーム前もリフォーム後も悩みますよね。

まあ、リフォーム後は、しばらく綺麗な状態が続くので、神経質にならなくてもいいですが。
それでも浴槽交換して1年も経てば、掃除しないと黒ずんでしまいます。

「え?FRP素材なら汚れないんじゃないの?」と、思うかもしれませんが
汚れるものは汚れるんです(笑)

例えば、お風呂の給排水の下はよく黒ずみが発生しやすくなります。つまり、お湯の出るところから下方向に向かい、汚れるというこですね。

なので、こんな対処法がメジャーです。

・クレンザー
・マジックリン
・激落ちくん
・カビキラー

あまり力強く擦ると傷つくのがネックです。
なので、普通はマジックリンをスポンジにつけて
軽く擦るのが一般的だと思います。

浴槽の汚れを落とす手っ取り早い方法

結論から言えば、毎日洗っているのに黒ずみが取れないなら
施工業者に相談するしかありません。

あるいは、LIXILに浴槽の洗い方と原因対策を聞いてもらって、
指示通りにクリーニングすることが無難です。

なお、浴槽の黒ずみの主な原因は水垢(水中の鉱物、浴槽内の金属汚れ)と言われています。
この手の水垢を綺麗に除去するには、酸性洗剤がよく効きます。

とはいえ、バスタブに悪影響がないように、事前にメーカーに聞くなり、
徹底的に検索して調べるのが効果的です。

黒ずみが進みすぎて手遅れなら無理ですが、
リフォームした後の浴槽で上記の方法を続けていけば、
5年、10年と長くきれいな浴室であり続けると思います。